行為論研究会 研究成果報告会のお知らせ

行為論研究会 研究成果報告会を以下の通り開催いたします。

日時 2013年9月17(火)、18(水)  ※台風接近により、一部変更いたしました(9/15)。
開催責任者: 新潟大学教育学部准教授 古田徹也

プログラム

9/17(火)
会場: 新潟大学教育学部 A棟1階小会議室

9:00-10:00  早川正祐  Rethinking Individualistic Conceptions of Care in Philosophy of Action
10:00-11:00 池田 喬・八重樫徹    共感の現象学序説
12:00-13:30   昼食
13:30-14:30 鈴木雄大  共同行為の理由についての反心理主義的考察
14:30-15:30 木村正人  共同不法行為の成立要件
15:30-16:00   休憩
16:00-17:00 筒井晴香  集団はいつ行為者となるか
17:00-18:00 吉川 孝   アクラシアと責任――現象学的アプローチ
9/18(水)
会場: ホテルイタリア軒 5F「弥彦」の間

9:00-10:00 竹内聖一  意図の共有と集団への責任帰属
10:00-11:00 川瀬和也   純粋意図と実践的推論
11:00-12:00 鴻 浩介   責任、意図、そして「二重結果」

12:15- ビジネス・ミーティング(非公開)

お問い合わせは、masato7[a]hotmail.com(木村)までお願いいたします。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中